最近歩く人が増えて
とみに注目されるようになった気がする
古い道
熊野古道や
旧東海道や旧中山道や旧伊勢街道
ときに車道と重なり
ときに山中の道なき道
峠越えもあれば
ひらけた風景に心洗われるときもある

萩往還もそんな道のひとつ
歴代の毛利公も参勤交代に使っていた道
防府三田尻港から萩まで
中国山地の尻尾のほうをちょっと越えて

今回は、リンクを押して遊びながら読んでいただけると
楽しめると思います
おかしなリンクは貼ってないから


そんなわけで
毛利長州藩の城下町萩までは
萩往還をつまみ食いしながら行ってみようかな
スクリーンショット 2020-07-10 23.06.57

三田尻の港はたぶんけっこう古いのだと思う
防府天満宮は
太宰府下向途中に防府に立ち寄った
菅公に由来する天満宮
その防府の突端にあるのが三田尻港だから
hofutenmanguu_hs7
防府天満宮は少し高台になっているので
防府の景色がよく見える
hofutenmanguu_hs3
境内にある春風楼
ここから防府が一望できる
往時の三田尻の港を
思い描いてみるのも楽しいね
遠浅の海
小島に小さな半島
景色が良かっただろうな〜
(今は建物だらけで埋立地だらけだけど)
楼内に景色を描いた額があった記憶が…
どうだったか自信はないけど

スクリーンショット 2020-07-10 23.13.52
階段に鉢植えで文字を描くのがここの定番
そしてその文字は必ず
幸せます(しあわせます)
防府天満宮
「幸せます」とは周防弁で「幸いです」の意味
防府の合言葉になっていて
まちの駅「うめてらす」にも書かれてる
うめてらすの土産物は楽しいよ〜
防府ではあちこちで「西京はも」が食べられるよ
まあ、そこそこのお値段するけどね

国道262号がほぼ今の萩往還と言っていい
262から外れるけど
防府の少し西に
大村益次郎の生誕地や墓があったりする
そのあたり鋳銭司(すぜんじ)という地は
かつて朝廷の役所が置かれていたところで
東大寺中興の祖、重源上人が拝領して
大仏殿の再建の用材を集めたりした拠点でもある
(金剛力士像の用材にも使われたらしい
解体調査のときに判明してる)
山口県と中央政府のつながりは
かなり古いみたいだ

国道262は途中山口市内で9号バイパスに重なり
(県庁前、ちょうど瑠璃光寺の近くあたり)
その後北東へと向かう9号と分かれて
北西へと向きを変える
そしてなんとその直後に萩市に入る
といっても、「萩」はまだしばらく先
 萩市が広いだけなんだけどね
平成の大合併ってやつ

だらだらと山中を走り
小さな集落を抜け
ところどころ川沿いの洞門やトンネルを通る
コンビニが、まーないのよ、この道
だから飲み物は手に入れておいてね
 道なりに県道32号に入ろう
しばらくするとトンネルがあるのだけれど
萩往還は峠道
トンネルは萩往還のほぼ下を通ってる
古いトンネルが残っていて
近くにある道の駅から行けるよ
道の駅「萩往還」に寄ってみよう

松蔭先生はじめ維新の志士たちの銅像だらけ
でも松蔭記念館はけっこういい
松下村塾のレプリカがあって人物も再現されてる
無料だから気軽に立ち寄れる
松下村塾を見たあとだったら
あー、確かにこんなだったな
松下村塾を見る前だったら
おー、こんな感じなのかー
道の駅には
見蘭牛(けんらんぎゅう)を食べられる小さな店もある
(ゴールデンウィークには行列だった)
土産物が充実してる
萩の名産夏みかんを使ったお菓子は
土産物を超えるクオリティで
自分用に買っても美味しいよ
それから野菜が安い
何かフルーツを買った記憶があるんだけど
何買ったんだっけ…思い出せないや
見蘭牛の冷凍ハンバーグなども買えるけど
近くのひと向けだよね
 
さあ、坂をくだれば
まっすぐ向こうに萩の町
スクリーンショット 2020-07-10 22.54.23

どこからまわろうかなー