山陰のまち萩
まち自体は
とくにどうということもない海辺の町
それなのに、なんだか心惹かれる
萩の魅力はなんだろう
それはね
きっと「多重奏」なんだ

スクリーンショット 2020-07-11 12.47.14
あらためて萩の地図
右下の縮尺が見えるかな❓
萩の町は3km四方にすっぽり収まるぐらい
そして
海と川と山に囲まれている

 観光協会の公式サイトがかなりイタいし重い
何を求めているのだ萩は…
トップページはスルーで構わないよね

このサイトを開いて
「観光スポット」の「エリアで探す」
それぞれ「萩城跡・武家屋敷エリア」
「城下町エリア」
「松陰神社・東萩駅エリア」
に対応してるから
見ながら読んでいただけるとありがたい



さて、萩の町をざっと眺めたところで
散策に出かけよう
まずは、歴史を感じるコースがいいかな
エリアは3か所に分かれてる
それぞれのエリアに駐車場があるから
車で回るのがいちばんいい
JRの駅からだったら
バスもあるけど
観光タクシーを雇うのが手っ取り早いよ
観光の起点は萩ではなく東萩のほうがいいかも

お城の周りからスタートしよう
スクリーンショット 2020-07-11 13.38.34

旧厚狭(あさ)毛利家萩屋敷長屋の前に
公営の駐車場があるよ(無料)
まず長屋を見学
100028
江戸の街並みだってそうだけど
街中には単独の塀はなくて
長屋の壁が塀を兼ねてた
門のあたりだけが脆弱だから
門番がいたんだよね
しかし、どれぐらいの人が住んでたんだろうなー

城跡に行ってみよう 
100049
海に浮かぶ小山を指月山という
ゴールデンウィークに
この公園で大茶会が開かれるよ
萩焼にちなんでなんだけど
萩焼の話はあとで
このあたり萩焼の窯元や直売のお店がある
余裕があったら天守閣跡にも行ってみて
100050
石高(36万石)のわりには
大きなお城だと思う
実質石高がどうだったかは別としてね

時間に余裕があればぜひ乗りたいのが
萩八景遊覧船(所要時間40分1200円)
城山を海側から見る機会ってなかなかないもんね
観光案内がとってもいいと評判だ

橋本川沿いの口羽家住宅にも行っておきたいな
100021
大きな長屋門がある
この近くには鍵曲(かいまがり)と呼ばれる
土塀が鍵形になった辻が見られる
100016
このへん旧上級武家屋敷町だから
ひとつずつの区画がでかいよ
100078
武家屋敷や鍵曲って
映えるよね


外堀を渡って
中央の城下町エリアに行こうかな
スクリーンショット 2020-07-11 13.39.51

上級武家屋敷のあるあたりから
東へ行くと
中下級武家屋敷町に出る
維新の志士たちは中下級武士だから
名前の知られた人たちの生家がたくさん
そして
みんな似たり寄ったりの家がまえ
そういうものだよねー
 
100001
100002

高杉晋作生家のあるあたりの横丁は
菊谷横丁という古い町なみが残る
100036

木戸の家のあるあたりは江戸屋横丁
こちらも古い横丁
100034
伊勢屋横丁にも古い町並みが残ってるよ
このあたりを見て回るには
中央公園の駐車場に止めるのが便利


さて、残る東のエリア
スクリーンショット 2020-07-11 13.36.16
松陰神社前に駐車場がある
まず、松陰神社に詣でよう
そのそばに松下村塾がそのまま残ってるよ
 このあたり松蔭先生関連のところが多い
ここは城下から外れて
すこし郊外という感じ
農家も多かっただろう
伊藤博文の生家も茅葺の半農家のつくり
100012
隣に東京から移築された別邸もあって
 伊藤の銅像も立ってるんだけど
なんと女子トイレの前でめちゃ威張ってる
好色爺だった伊藤らしいっちゃらしいね
あ、でもこれはかなり古い情報だから
銅像は別のところに移転したかもしれない

松陰神社と伊藤博文の家がある間の道を
山手の方へ向かっていくと
玉木文之進の家がある
100047
玉木文之進❓
吉田松陰の叔父さん
まあ、いろいろ偉かったひと


さらに進んでいくと
東光寺というお寺がある

このお寺はなかなかすごい
三門もでかいし
黄檗宗らしく中国風の本堂もすごい
どうしてこんな田舎にこんなお寺があるの❓
と思ってしまう
圧巻は毛利家墓所の前のおびただしい数の灯籠
100073
8月15日の迎え火には灯籠に火が灯る
春日大社と張るなぁ・・・
 
国道191を東へ笠山のほうへ
(「萩しーまーと」を求めて)
向かっていると
道路の右手に巨大なレンガの柱が見えてくる
これは反射炉(溶鉱炉)のあと
100081
他の地域とともに世界遺産に登録されてる
「明治日本の産業革命遺産」
これ、たぶん試作品だと思う
鹿児島の反射炉の跡も見たけれど
規模も実用性もかなりちがってるよ
とはいえ
「思い立ったらとりあえずやってみる」
という
長州人の気質がわかる史跡ではある



萩の歴史の町としての面を見てきたけれど
やっぱり萩焼は魅力だよね
次回は
萩焼を中心に見ていきたい
美味しい魚に
ちょっと驚きの自然もあるよ
次回もコウご期待