あちこちのお寺が
花の御寺を名乗るようになったのは
いつぐらいからだろう
平成の初めの頃は
諸寺これほど花々しくも
 なかったような
気がするのだけど
SNS「映え」が広まって
堂宇は格好の映えスポット
そこに花が加われば
とうぜん参拝者も増えるよね
文化財の維持費に苦しむ社寺にとって
季節の花々は救世主なものかも

初瀬のぼたんは
 なんと
千年もの歴史を持つという
詳しくは

大国の唐から
東海の小国にいます観音様を
拝むはなぜ?ということは
置いておいて
すでに遣唐使が絶えていた頃
瀬戸内の海賊領域を抜けた明石の浦に
船が着くところなんて
けっこう興味深い話ではある
牡丹の種、きっと非正規に輸入したんだよね


さて
その「ちょーゆうめい」なぼたん
土日ともなると
ひとが多すぎてしんどいので
平日の朝がいい
入山は朝8時30分〜
毎年たいてい
4月第3週の土曜日から
ぼたんまつりをやっているけれど
牡丹が見頃になるのは
だいたい4月第4週あたりから
今年は、来週ぐらいが
いいんじゃないかな
駐車場は川に沿って
仁王門よりちょっと上の方へ
わりあい広い駐車場があるけれど
牡丹の時期は
平日でも
午前中には満車になるので
朝イチがとにかくおすすめ
途中一方通行の道があるので
注意が必要
駐車料金は500円

20日水曜日
お天気がよかったので
すこし早いのは承知で行ってみた
天気予報によると
来週のお天気は
すっきりしない模様だから

午前9時前
ちょっと出遅れた…
DSC01773
牡丹だけ見るのなら
500円で入山
本堂御本尊の特別拝観は別途1000円
観音さまの御御足に触れてお参りできる
(薄紙越しだけど)
五色線の腕輪をいただける
さらに
本坊大講堂の特別拝観別途500円
ぜんぶで2000円のところ
セット券は1700円
わらしべ長者の観音さまだよ
セット券行くでしょ

DSC01774
早い時期は赤系の花が多い
DSC01830

DSC01814
花弁の枚数が少ないのもいいねぇ

DSC01771
枝垂れ桜がわずかに残ってた

DSC01778
登廊わきにある御衣黄
まだ赤くなってない
ここには宗宝蔵があって
この時期開扉してる
国宝の銅板法華説相図も展示中
長谷寺のルーツ


DSC01833
大手毬も咲き始めた

DSC01810
八重の関山は散り落ちて
IMG_0059
思わぬところに花を咲かせる
(これ、カナメモチ) 


本堂に行こう
御本尊の十一面観音さま
まずはお外から
DSC01786
神社では拝殿にあたる舞台造の礼堂
DSC01784
床青紅葉とびんづるさん
牡丹の鉢植えが置かれてる
DSC01788
正堂から礼堂を見る
かつて
この礼堂にお籠りしてたんだと思う

山内には石楠花も多い
DSC01798

DSC01795
ちょうど見頃だったよ

五重塔
DSC01800
桜も見える
DSC01802

お守り授与所の向かいには
自販機とベンチ
そろそろ冷たい飲み物が欲しい季節だよね

本坊前からは本堂がよく見えるよ
DSC01820

この辺りもちょっとした牡丹園になってる
DSC01806
白い牡丹がなかなか

本坊は大正の建築
欄干に宝具の意匠なんかあって
とってもいいんだよ
DSC01827

DSC01825

IMG_0070
野村猩々(カエデ)の新芽が赤い
床紅葉

大講堂には
大観音さまの写し絵がある
でかい軸なので
半ば寝かせるように置かれてる
こちらでは
和紙の肌守りが授与される
(300円)
疫病除けにもなるんだって
かめさんびきは
スマホケースの内側に入れてるよ 
だからスマホはコロナ知らずだ❗️


長谷寺のぼたんはいま三分咲き
来週が良さそうだけど
ゴールデンウィークもきっといい
今年の花は
図ったように休日に見頃だね
だから
hoiko_190320nara01