5ACE5B8A-D6FE-457A-8A55-C5DB1D1C1AF1
去年も
この時期に
似たようなことを書いた気がするけど
久米寺の歴史はかなり古い
来目皇子に由来するというのは
半ば伝承かもしれないけれど
空海が渡唐前に修行した
久米の道場というのは
おそらく久米寺のこと
この地にはもともと
東漢氏の別宅があったとか
経典だけでなく
入唐に必要な雑学の書物や
唐のことばを話す人物が
久米寺にはあったんだろうね
何かとメンドクサくて
伝染病もあった平城京より
捨てられた飛鳥や藤原京郊外の
久米道場を選ぶあたり
超人空海らしい感じがする

平安時代あたりには
久米寺は
空海が開削したという益田池に
面していた
長い月日のうち
益田池はほとんどなくなり
(流れ込む土砂で埋まってしまったのだと思う)
江戸後期の大和名所図会には
益田池の由来と碑文だけが載っている
久米寺は絵も描かれていて健在
規模は今とほぼ変わらない
仁和寺から移築したという
室町時代に建立された多宝塔も
描かれているから
栄枯盛衰あったというよりは
久米寺はずーっと
だいたいそんな規模で
変わることなく
千三百年続いてきたのかもしれない
IMG_9824
昨今の花手水や
変わり御朱印やといった
ほのかに商売気が見え隠れする
(法隆寺がクラファンするぐらい
どこも維持費に苦労してるからねぇ)
寺院とちがって
久米寺はやる気がない
境内は
橿原神宮と白橿方面をむすぶ通り道に
なっていて
参拝しないで通過していく人のほうが
お賽銭をあげて手を合わせる人よりも
多いぐらい
数年前にあった
仏像などに油をかけられた一連の事件で
久米寺の金剛力士像も被害にあったけど
一段高い仁王門を潜らなくても
仁王門の横が駐車場になっていて
そこからのほうが
まっすぐ本堂が見えたりする

そんなゆるい久米寺だけど
年に数回やる気を感じることがある
いまはコロナで中止になってる
練り供養と
6月のあじさい園開園
練り供養は
大人の事情で
もう復活しないかもしれない
あじさい園は
今年は例年通り開園してる
400円でミニタオル付き

あじさい園に入るときには
虫除けマスト
歩いているぶんには
そこまでじゃないけど
写真を撮ろうと立ち止まったら
瞬間に襲われる
55CFE4B1-BF8B-4BD9-A9C3-79962F3898EE
アジサイはとってもきれいだよ

AFE700A1-0C71-44D2-94F2-46F04A15D29F
ちょっとジャングル気味だけど


930D5EBB-B9A1-466B-9898-1E2BE504FA35
9278E60A-A195-4496-BE63-6B0CA407C019
けっこう立体感がある

杉の木立の下なので
あじさい園は薄暗い
D2481056-E84A-45FE-B664-290972C3A0F9
ときには
あじさいをかき分けないと

進めない
7317BAA5-75DE-45E1-965D-464EB3851E53
池のそばは

とくに蚊が多い
0BE6B9A2-1B5E-40B7-A3A2-5DA1F04A5DB3
3D8DAF34-651B-43B3-8AE3-5E5F546A93D7
アジサイはきれい

E503D0F1-FE18-468D-8AC9-BA0135073E9B
13D72D8B-EA92-4269-8DA7-C7EC4BBDFDDA
多宝塔とアジサイのコラボも

ただ
できたら晴れの午後がいいね
午前は完全に逆光で
塔の陰影が濃すぎるし
アジサイの色が残念

8F403A3C-6FE7-4B68-9D85-B25AD9228BDA
花手水がある❓

後ろはでっかいプラスチックのゴミ箱
やっぱりあんまりやる気はない
久米寺らしくていいね
もしかして
土日は売店が出るかもしれない
あじさいハンカチとかの
土産物が置かれた台が
本堂の横にスタンバイしてた

8D5F9FF1-D50C-486E-9BEC-071DF4D3C74A
ACB1D1A1-F32D-4568-A4B1-818CFEBB2AFF
D6EFB615-3AAC-435E-9F9D-21F668945317
53E43349-AD51-4801-8B6B-5611683C8B47
もっかい言うけど

虫除けマストだよ
無かったら
ベンチに座っても
ひと休みにならないからね😉